Wine on UbuntuでMT4がインストールできない場合

さくらVPSにWindows10を導入しようとしている少なくない人たちが、MT4の運用を目指しているんだろうと思う。
逆にLinux上のWineでMT4を動かすこともできるんだけどね。
今日は休日だからMT4にデータ配信はないけれど、LxdeでMT4を動かしていて、メモリは664MB使用。
まあ1Gキツキツで運用してもいいが、2Gのプランなら結構余裕があると思う。

さて、WineからMT4のインストーラーを立ち上げると、途中でプロキシーサーバ情報の入力を求められてストップする。
どうやらWineの古いバージョン(僕が経験したのはver1.6)と、最新のMT4の組み合わせで発生するらしい。

解決方法は簡単で、Wineのバージョンを上げてやればいい。

UbuntuでVer1.8を試してダメだったので、WineをV2.0にバージョンアップした。

今日時点ではまだ安定版じゃないらしいので、「unstable」だそうで。

sudo add-apt-repository ppa:ricotz/unstable
sudo apt remove wine wine1.8 wine-stable libwine* fonts-wine* && sudo apt autoremove
sudo apt-get update
sudo apt install wine2.0

上記はV1.8を削除するコマンドが含まれているのでご注意を。

V2.0にバージョンアップした後は、シレッとMT4のインストールは完了したよ。

コメント