橋本あおい『いつもの時間、いつもの場所で。』:BL漫画レビュー

女子ウケしそうなカフェ系BLマンガ。

自分のお店を持つ事を夢に見ながら移動販売車でカフェをしている菜摘。
そんな菜摘のお店には、幸せそうに甘いものを食べるイケメンの男性常連客が通ってくれている。
ある日彼の名前が“ササイ”であること、職場から20分かけて通ってくれていることを知った菜摘は、事ある毎に彼の事を思い出すようになる。そんなササイには、誰にも言えないヒミツがあって――…。


まあなんでしょう。
あらすじだけ読んでると「菜摘」は女の子の名前だよなあと最初に思った。

お話的には王道BLというか、まあ、イケメンに迫られてるのも夢オチという、とても清い第1巻。
『きこえる?』(ホーム社/集英社)が、BLAWARD2017ビキナー部門1位を獲得の実力派作家、らしいけど、僕が最初に手に取ったのがどエロな「between the sheets」だったんで、あれ?そうなの??って感じだ。

1巻目は移動カフェを営んでいる菜摘が、ランチに現れるイケメンデザイナー篠井との出会いがメイン。菜摘はバイン・ミーとパンケーキを食べる篠井が気になってしまう。

第1巻はBLって言えるのか?的1冊。
誰にもいえない秘密とは、篠井が甘い物好きで、しかしそれを女性にからかわれたり、「残念なイケメンってやつー?」「なんかさーイメージと違うよねー顔はいいし自慢できるから我慢するけどさー!」と陰口を言われた過去がトラウマになっていること。










まあなんていうか。
イメケンがスイーツ好きだろうが、ブサメンがスイーツ好きだろうが、本来どうでもいいことでさ。
本人が幸せならばそれでいいと思うのよ。
「イケメン」って人たちは、周囲から勝手なイメージを押し付けられて苦労することもあるだろう。
一方で女性にこういうことを言わせるのもBL的だなあと思うわけ。
パレンタインチョコを持って帰ろうとする男の子に「やーだー男が甘いものそんなに食べるって変じゃなーい?」と喧嘩をふっかけるのは、小学生女子らしい嫉妬の一種なのかもしれないし。
彼氏を自分のアクセサリーのように扱っているひどい女性は実際にいるだろうけど、一方でスイーツ好き男子をほんわりと眺めているのも好きって女性もいるだろうし。
別に女性を悪者にする必要はあまり感じないよな。

「イケメンはこうあるべき」というステレオタイプを否定してくれよ、自分の内面を、ありのままの自分を見て欲しいという「イケメンの叫び」にはとっても同情する。だけど「ステレオタイプの否定」は、例のフェミニスト系の方々の好物でもあったりして、まあBLを取り巻く思惑はなかなかめんどくさい。

ちなみに本編とは全く関係ないが、女性の「ずるーい!」という言葉は女性の発する言葉の中で最も下品な感情だと僕は思ってるんだ。この言葉が口から出ると一気に冷めますね。


1.絵柄
ほんわかとしてるけど、嫌いじゃない。
橋本あおい作品は脱がせればすごいことになるので、それは大丈夫かと。

2.ストーリー
食べ物と恋の話。失敗する方が稀だ。
王道中の王道だ。

3.エロ度
エロなし。

4.まとめ
読んでいて、気づいたら随分時間が過ぎていた。
情報がたっぷり詰まっているせいなのか、ストーリーが濃密なのか、どちらにしてもいい読書体験だった。
良作。

絵柄 :★★★⭐︎⭐︎
ストーリー:★★★★⭐︎
エロ度 :⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
(あくまで個人的主観に基づく★の数です)

海の日は……

やっぱり海辺の町で過ごすのがいい。
心待ちにしていた7月の三連休。

早起きして、スカイラインで東名高速を飛ばして……

富士山五合目!!
ハードコアなトレッカーと、訓練ついでか陸自さんたちが次々と登山道を登ってゆく。
富士吉田口とはだいぶ様子の異なる、御殿場口新五合目。



とても静かな富士山五合目。
夏だっていうのにね。

ふたたびクルマを南下させ、ランチは三島で鰻。
ここは蒸していないのかな?皮が硬くて、蝮焼きっぽい。
ちょっと西へ来たなあという気分になる。


松崎はいつもどおり、静かに迎え入れてくれる。
なんていうか、部屋のドアを開け、窓から海を眺めるとやけにほっとした気分になる。
小さなビーチは強い太陽の日差しが溢れ、子供達の歓声が響いていて、幸福な気分になる。






とはいえ、西伊豆のビーチはどれもこぢんまりとしている。
パラソルが林立して、海岸線は芋洗状態……という光景は見たことがない。
山田孝之と綾瀬はるかの物語を思い出しながら、 夏の日差しを眺めている。

松崎でやっていたことといえば、ひたすらダラダラとしていただけ。
文字通り「休養」。
ご飯食べて、散歩して、昼寝した後、ちょっとPythonでコードを書き、飽きたらゼルダする、そして温泉に浸かる、、、みたいな。

海辺の町といって魚介類ばかりも飽きるので、ランチはプロヴァンス料理を出す料理店へ行く。
牛の頬肉の赤ワイン煮。夏野菜を添えて。
美味だった。




そのあと、岬をいくつか超えた先にある棚田を眺めに行く。
急勾配の細い道はラヴェッロを連想させたが、本来一般車を突っ込んじゃいけない場所まで行ってしまい、脱出するのに冷や汗かいた。

松崎を愛してる、と言ってもいいかも。
来年松崎に行けないとなったら、僕はひどくさみしい気分になるだろう。

やっとシーカータワー全解放!

彼氏とダナンを旅している時、夜、山の稜線に立つオレンジ色に輝く送電鉄塔(?)を見るたびに「あ、登れそう」とか思っていたのですが、あれからなかなか進展しないゼルダの伝説BotW。
昨日、やーっとシーカータワー全解放にこぎ着けましたよ。

最後まで残ったのは平原の塔と丘陵の塔。
特に平原の塔は、付近にガーディアンが埋まっていて、これが苦手でねぇ。
ずいぶんイメージトレーニングして、ついに攻略に取りかかったのでした。

背後の丘からそろそろと近づいて、壁のすぐ脇に埋まっているガーディアンの背後に回り込む。
ガーディアンの目が反対を向いている時にピタロック+で動きを止めて背後からガンガンぶっ叩き、目がこちらを向いてレーザーを向けてきたら壁にささっと隠れる。で、目が反対を向いたらまたピタロック+で止めてガンガンぶっ叩く。これを3回くらい繰り返して破壊に成功。あとはシーカータワーを登ってゆく。タワーの踊り場の関係で一度だけレーザーを当てられたけど、しゃがんで隠れて、その後は壊したガーディアンのタワー面を登って無事攻略。

その勢いで、丘陵の塔も攻略。
背後の山から滑空すれば良いんだけど、普通に滑空すると高さが足りなくて、エレキウィズローブにやられてしまう。今回は山の上で薪を燃やして上昇気流を作って、それに乗って塔へ滑空。塔の中部に張り付いて、あとはヒョイヒョイ登って解放。やってみればあっけなかったな。

祠巡りをまじめにやらないと、マスターソードが抜けないわ。
今週もぼちぼちがんばるわ。