USJでテンションあがった〜(3)

ややふらつく足を叱咤して、今日のメーンイベントへ向かう。
アメリカの町並みを抜けて、木の覆い茂った小道に向かう人たちの後に続く。


これが結構距離がある……のか、距離があるように錯覚させられているのか。
そしてホグズミード村の入口に到達。






なんでしょうね、汗ばむ陽気の大阪のはずなのに、なんかひんやりと冷たい空気を感じさせる空間は。

そしてホグワーツ城と対面。


第一声は「クオリティ高っかー!!!」
なんていうか、作り物なのに、質感がたまらなく重厚で、下世話な話「すんごい金がかかってんなー」。
申し訳ないけれど、シンデレラ城よりも全然質感の点で勝負にならない気がする。

さっそく「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」を体験。
ライドに乗って、ハリーと共に空を飛ぶ浮遊感は最高だった!

だけど激しい揺さぶりと3D映像で、正直僕は酔って気持ち悪くなったな。
あと30秒続いたらゲロ撒き散らしてえらいことになったと思う。

すごい、すごいけれど、あの3D酔いはちょっと厳しかった。

ザ・フライング・ダイナソーよりもダメージ受けてフラフラと脱出。
二人とも疲れが出たしでランチ。




その後再びホグワーツ城に戻り、キャッスルウォークを楽しむ。

ホグズミード村はお土産屋を含めて楽しめる場所が多くて、一日ここにいてもいいかなと思えるほど。


15:00過ぎにホグズミード村を出て、ゆっくり散歩とお買い物。
ちょうどハロウィーン期間で、お土産品もハロウィーン仕様の可愛いものが多くて色々と買ってしまった。
日本のパッケージセンスは結構よくなってきていて、柿の種の缶一つとっても手に取った人を幸せな気分にしてくれる。
写真とお土産代で、なんだかんだ2万円越えの大出費。




日が傾き、USJの取り囲むホテル群をオレンジ色に染め始めた頃、僕らはゲート付近のベンチに座っていた。
「楽しかったねーいろいろとありがとう」
「今度は3人で来たいねー」
なんか二人とも、楽しかったという言葉しか出てこない。

映画のテーマソングが楽しかった時間の終わりを告げているようだ。

予定通り僕らは17:00にユニバーサルシティ駅を出発した。
大阪駅で別れ、僕は新大阪から東京を目指す。
駅弁を食べたあとは眠り込んでしまい、次に目覚めたのは新横浜を出た頃だった。

USJは楽しかった!
ひさしぶりにワクワクした。
同僚3人で来たいねー、の前に、僕は彼氏と来たいと思った。

USJでテンションあがった〜(2)

で、ジュラシック・パーク・ザ・ライドを終えた時点が11:10頃。
二人で考え込んだ。

ザ・フライング・ダイナソーを捨てる?

頭上では「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ〜」と絶叫と、ゴォォォォというコースターの音が響いている。


「せやな……」彼女が口を開いた。
「命までは取られんやろ、行こっか……その前にトイレ……」

うんうん、トイレ大事。

そして長蛇の列(あの日は180分待ちだった)をエキスプレス・パスで躱し、バーコードリーダー係員の前に立ったのは11:20のだいぶ制限時間を押したタイミング。二人でそれなりに葛藤した結果。


階段を上がり、係員の女性にナビゲートされた。

「青い数字の1番に並んでください」

はぁ?!先頭?!

「ちょっ……なんの罰ゲームやぁ!!!」
「あたしらの普段の行いがそんなに悪いっちゅうことかー?!」

動転する二人に

「むしろご褒美ですよ(ハート)」
「先頭はスピードが出ていないから怖くないですよ」

と言うおねーさん。

ほ、ほんまかいな……と疑いの目の二人。

そのあとは、ガシャン、グワッ「うわあ」、カタカタカタ、「たすけてぇ〜うわぁぁぁ、やーめーてぇ〜〜」、グルングルングルン、「ひいぃぃぃぃ」、上下左右に揺さぶられて、息絶え絶えに釣られた男状態で帰還。






映像で見たらこんな感じ。


下車して、写真のプリントアウトを待つ間、お互いに感想を交換。

「ほとんど死んどった」という彼女に対して「あー、僕はあと2回は余裕」と言ってしまった。
確かに激しいんだけど、普通のジェットコースータの落ちて、下から突き上げられる時のお腹にくる不快感はなかった。
大きく円を描くレールによる圧迫・揺さぶられ感よりも、レール上で錐揉み状態になる方がダメージが少なくて、むしろ爽快感の方が強いという印象。

実は今回のUSJで一番楽しかったのがザ・フライング・ダイナソー。

USJでテンションあがった〜(1)

大阪ミナミ滞在最終日。
今日の夕方には新大阪を出発しなければならない。


朝食ビュフェを食べながら、活気付いてくる大阪の街を眺めていた。
9:15 ユニバーサルスタジオジャパン入口で待ち合わせを決めてあって、僕は8:00過ぎにホテルを出た。

天王寺駅から西九条、そしてユニバーサルシティに到着したのが8:50ごろ。
スーツケースをコインロッカーに預けて、連れが到着するまでベンチに座っていた。
野外スピーカーから重低音で流れてくるETやジェラシックパークのテーマソングに包まれて気分は高揚していた。




今日は17:00にUSJを出発し、18:15新大阪発のぞみに乗らなければならない。
夕方の新幹線は普通・グリーン共に予約が満席で、時間帯をずらすことができない状況だったのだ。

で、お連れさんが到着して、二人でゲートをくぐる。
あまり時間がないので、あらかじめエクスプレス・パスを買っておいた。

ユニバーサル・エクスプレス・パス4~ザ・フライング・ダイナソー~
大人/子ども/シニア共通 9,200円 2枚
□アトラクション情報
11:10 ~ 11:40 ザ・フライング・ダイナソー
12:00 ~ ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターTMエリア入場時間
12:20 ~ 12:50 ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーTM
アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマンTM・ザ・ライド or ジュラシック・パーク・ザ・ライド(R)
ジョーズ(R) or ターミネーター 2:3-D(R) or バックドラフト(R)

てか、入場料よりもエクスプレス・パスの方が高額ってどんだけぇ〜〜。

当初計画では、二人ともザ・フライング・ダイナソーはおっかないんで捨て、午前中にハリポタ、午後に雑魚2つをこなして終わりにしようと考えていた。

実際はちょっと違っていて、まず、ジョーズをさらっとこなす。




まあ、大したことないよね。

ジョーズの下で記念写真を撮ってもらったのが、多分、10:15頃。

途中でTレックスの着ぐるみショーが行われていたので、ちょとい眺め。


次にジュラシック・パーク・ザ・ライドに行く。
待ち時間85分と表示されているけれど、エキスプレス・パスでするすると進む。




待っている間に頭の上で「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」と叫び声があがっていて、それがザ・フライング・ダイナソー。

やばい、やばいよね。。。。。。。

ジュラシック・パーク・ザ・ライドもまあ、最後の落下と水さえなければ、まああんなもんだね。
隣の席が若いカップルで、彼女が外側に座りびっしょびしょに水をかぶって、ノーダメージの彼氏をポカポカ叩いている様子がなんか可愛らしかった。
僕らはライドの中央だったので、ほぼノーダメージ。

そして。。。。