僕が遊んだ「ゼルダの伝説Botw」(10)

ミファーとの別れでしばらく腑抜けになっていた。
その週はスイッチを放り出し、平日はおとなしく仕事に没頭。

リンクは喋らない。
掛け声や悲鳴はあげるけど。
そしてわりと表情豊かだ。

自宅のベッドの脇でジャンプさせてみた。






ちょっと力を溜めた後「ハッ!」と掛け声をかけてジャンプする。
表情の変化がよく出来てる。

ミファーの後、しばらく「蛮族の服」で周囲をウロウロする日々。






ハートの器と頑張りゲージはかなり大きくなった。

狩りをしたり、ポゴブリンをタコ殴りに行ったり、古代兵装の矢を買いだめしたりとか。

でもそろそろ第三の神獣を解放しに行かなきゃということで、ゴロンシティに来た。


職業 溶接工みたいなコスチュームだなあと。

ユン坊はあまり頼りにならないから仕事丸投げされた、というより足手まといがいなくなってスッキリというか。
「炎のカースガノン」を撃破して、ダルケルと再会。




















「ダルケルの護りをおめえにやるよ。
 魂になった今の俺にはもう使えねえからな。
 これからおめえには俺の護りの力が共に在るって事をな。」

「じゃあ行きな 相棒……
 姫さんを頼んだぜ……」

泣かずにはいられないじゃないか!






「100年振りのハイラルか……
 悪かねえ景色だ……」

ガッツポーズでリンクを見送るダルケルに涙が止まらないよっ。

ヴァ・ルーダニア攻略は、とにかくユン坊がめんどくさすぎてイライラさせられたんだが、ダルケルのかっこよさは格別だったなあ。火山地帯の住人だけあって、とにかく熱い男。リーバルはライバル、ミファーはお姉さん?妹?恋人同士?、そしてダルケルは兄貴であり、相棒なんだよな。いつもお前のそばにいる、だからお前は先へ進めという言葉は、人が一番欲しているものかもしれないね。

ダルケルに背中を押されて、ヴァ・ルーダニア編は終了。

僕が遊んだ「ゼルダの伝説Botw」(9)


「おお 来たなリンク!待ちわびていたゾ!」

すんません、寄り道が多くて。

キラリと歯の光るシド王子の背中に乗り、ヴァ・メドーへ接近。









「待ってるゾ!」
置いてけぼりにされて呆然とするリンクさん。


「……リンク
 君は最高だッ!」

って丸投げじゃありませんか!

あ〜もう、仕事終わり終わりっ!
帰るわっ!


というわけでリトの村で骨休めと記念撮影。
翌日気を取り直して、ヴァ・メドーに再上陸する。


「水のカースガノン」を撃破して、ミファーの魂と再会する。










「昔のように遊ぶのは もう無理みたい……」

ちょっといきなり涙腺を壊さないでよー。









「ミファーの祈り」を受け取って、ふわっと身体が浮いた後、ミファーのモノローグが続く。












ミファーが特にグッとくるのは、ぜんぜん自分のことは語らなくて、ずっとリンクのことばかり。
自分の魂を救ってくれたことへの感謝、もう一度逢えたことへの感謝。
そして「これからは私の力が貴方の助けになれる」という喜びのあと「じゃあ行くね……」とリンクの前から消えてしまう。
















「貴方の一撃で出来るだけガノンの力を削って……
 それがリンクにしてあげられる
 最後の助けだから」

「ガノンを封印出来たらハイラルに平和が戻る……
 貴方と私も役目を終えられる
 御父様……お元気かしら
 私我がままばっかりで……
 一杯心配かけて……
 出来ればもう一度……
 逢いたかったな……」

もう、他人のことばっかりで……
こんな健気なお姫様の声を聞いていたら泣いちゃうじゃないか!!

なんてか、ミファーって強い子なんだわ。
肉体を失い、魂だけになってしまっても、リンクのことを想い、父親を気にかけ、そしてガノンを封印した暁には消滅する物悲しい運命を受け入れてる。その最後の瞬間まで、リンクを助けてあげたいという想いで地上にとどまっているミファーの語りを、涙なしで聞いていられなかったな。

そして……




「リンクーッ!最高だゾッ!
 リンク!本当にありがとう!キミには感謝してもしきれないゾ!」

仕事丸投げ王子、無事に帰っていたのね。

まあ……ミファーはともかく、行きている者にはまた行きている者たちの生活があるわけだからなあ。。。。

ゼルダ姫をしのぐとも言われているヒロインミファー。
ゾーラの里編がゼルダの伝説Botwで一番盛り上がるという評判通りだった。