さくらVPSにWindows10をインストールした件

すでに記載したとおり、さくらVPSにWindows10はインストールできる。
今回の大型アップデートTH2で、Windows7のプロダクトコードで直接アクティベーションできるようになった。やっとまともに運用できるようになった感じ。

で、Windows10をインストールする手順をメモしておく。

■事前準備
1.MicrosoftのサイトからWindows10のISOファイルをダウンロードしてくる。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

2.Windows Virtio Driversをダウンロードしてくる。
https://fedoraproject.org/wiki/Windows_Virtio_Drivers

3.両方ISOなので、解凍ツールで解凍する。

4.Windows10のフォルダ内に、Virtio Driversのフォルダを丸ごとコピーする。

5.Windows10のフォルダをISO化する。
 ImgBurnを使った場合は、次の設定でISOを作成する。

 - SOURCEにWindows10のファイルをすべてドラッグする。
 - Optionタブをクリックする
  ・File Systemを「UDF」に変更する。
  ・「Include Hidden Files」と「Include System Files」にチェックを入れる。
 - LabelsのVolume LabelのUDFのところへ適当な名前を入力。
 - Advanced の Bootable Discタブをクリック
     ・Make Image Bootableをチェック
     ・Boot Image へ作業用フォルダーにある boot¥etfsboot.com を選択
     ・Sectors To Load には 8 を入力

これでISOファイルを作成する。

6.さくらVPSにISOファイルをアップロードする。
 - さくらインターネットVPSコントロールパネルにアクセスする。
 - OSインストールタブをクリックし、ISOイメージインストール経由でファイルをアップロードする。


7.インストール
アップロードが終わったら、ISOイメージインストールタブからインストール作業を行う。
 ※ 「VirtIOを有効にする」にチェックを入れておく。

途中「インストール場所の選択」まで進んだら、Windows10 ISO内のvirtio-winのフォルダを指定してやるとWin8.1のドライバーを読み込んでくれる。画面上にドライブが現れるのでそれをすべて削除。ドライブを新規に作成すると勝手にドライブが二つできる。それぞれフォーマットして、インストールを続ける。

8.Windows10インストール後の作業

★さくらVPSはアップロードしたISOファイルを24時間に限ってCD-ROMドライブをマウントした形に見せてくれるが、その後削除されてしまう。そのためvirtio-winフォルダをデスクトップなりにいったんコピーしておくことが必要。Ethernetドライバなどが含まれているので、ここでドライバを残しておかないとVNCコンソール以外の通信が出来なくなる。外部とインターネット接続できないスタンドアローンマシンになってしまう。

・Ethernetドライバを読み込み、ネット接続を設定する。
 - IPアドレス、ゲートウェイ、ネットマスク、DNS情報などはさくらインターネットVPSコントロールパネル画面に記載してあるので、それを参考に設定すれば良い。

・セキュリティ対策
 - ログイン画面に「最後にログオンしたユーザ名を表示しない」設定をする。
 ・Windows管理ツールから「ローカルセキュリティポリシー」を選択。
 ・「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」→「対話型ログオン:最後のユーザー名を表示しない」を有効にする。
 ・「対話型ログオン:セッションがロックされているときにユーザーの情報を表示する」を「ユーザー情報は表示しない」に変更。

  ・「アカウントポリシー」を選択し、アカウントロックのしきい値を適当な値に変更する。あわせてロックアウトカウンターのリセット時間、ロックアウト期間も適当な値に変更しておく。この設定でリスト攻撃をある程度は防げるはず。

 -リモートデスクトップ接続のポート番号を変更する。
 ・「Windowsシステムツール」内の「ファイル名を指定して実行」を立ち上げる。
 ・「REGEDIT」と入力しレジストリエディタを実行する。

 ツリーの中から「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Terminal Server¥WinStations¥RDP-Tcp」まで進み、「PortNumber」をダブルクリックする。「DWORD値の編集」という窓が開くので、10進数で1024~65535の間で適当な数値を入力する。

 -コントロールパネルから「Windowsファイアウォール」を立ち上げる。
 ・「詳細設定」を選択し、「受信の規制」をクリック。
 ・「新しい規則」をクリックし、「ポート」をクリックして次へ進む。
 ・「特定のローカルポート」に先ほど設定したポート番号を入力して次へ。
 ・「接続を許可する」を選択して次へ。
 ・「ドメイン」「プライベート」「パブリック」にチェックが入っていることを確認し、次へ。
 ・「名前」に「リモートデスクトップのポート変更」とでも入力して完了をクリック。

これである程度はセキュリティが保たれるはず。
あとはウィルス対策ソフトのインストールとか、諸々の準備をするといい。

※この投稿に質問コメントを残される方へ
この記事を投稿してからWindows10にも大型のアップデートがありました。
最新のWindows10において、このやり方でインストールできるかどうか僕は検証していません。実行される際はご自分でよく調べ、ご自分の責任とリスクで行ってください。
また、質問のいくつかはそもそもWindows10のインストールISOファイルの作成失敗が原因のように見受けられます。手元のWindowsPCでちゃんとブートするか、まずそこを確認することから始められてはいかがでしょうか。

29 件のコメント:

  1. 初めまして。

    こちらの記事を参考にWindows10を入れようとしているのですが、VNCコンソールにてgPXEが起動してしまい、OSのインストールが進みません。
    (途中「インストール場所の選択」まで行けない)

    gPXEのコマンドでisoファイルをアップロードしたサーバーにアクセスして、bootしてあげる必要があるのでしょうか?

    良ければ教えて下さい。

    返信削除
    返信
    1. noelさま

      こちらの記事を参考にしていただいて、上手くインストールできなくて申し訳ないです。
      僕も再インストールできないので、推測ですがフォローしてみます。

      次の確認をお願いします。

      1.Windows10 ISOディスクにVirtio Driversを書き込んであること。
      2.さくらVPSのカスタムISOを選択し、イメージをアップロードしてあること。
      3.今回書き漏らしていましたが、ISOイメージインストールの「マウント設定」のところで、「VirtIOを有効にする」にチェックを入れてあること。

      いかがでしょうか?

      削除
  2. いえ、インストール出来ないのは私の知識不足ですので・・。
    こちらこそ、返信いただきありがとうございます。

    指摘頂いた点、確認しました。

    >2.さくらVPSのカスタムISOを選択し、イメージをアップロードしてあること。
    こちらは「ISOイメージインストール」でしょうか。
    ISOのアップロードまでは正常に完了しており、VPSの管理画面より認識できております。

    >3.今回書き漏らしていましたが、ISOイメージインストールの「マウント設定」のところで、「VirtIOを有効にする」にチェックを入れてあること。
    こちらも大丈夫です。

    >1.Windows10 ISOディスクにVirtio Driversを書き込んであること。
    こちらもOKですが、気になる点が。
    WindowsファイルとVirtio Driversファイルの位置関係(Windowsフォルダ内にドライバファイル or Windowsフォルダ内にドライバフォルダ)、特にImgBurnのソースで指定する位置は重要でしょうか。

    2回階層を変えてやってみましたが、いずれもgPXEが起動した段階で止まってしまいます。
    次、3回目試してみます。

    coolさんが実施された際は、「インストールを実行する」>「コンソール立ち上げる」>「WindowsインストールUI」という感じだったのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. なるほど。

      Virtio Driversですが、ダウンロードしてきたディレクトリは、トップディレクトリに保存しました。特にWindowsフォルダの下に保存する必要はありません。

      私の場合は、まさに「インストールを実行する」>「コンソール立ち上げる」>「WindowsインストールUI」で動きました。

      こちらのサイトさんの手順とほぼ変わりません。
      http://sysy.livedoor.biz/archives/34100331.html

      念のために上記のサイトにも目を通してみてください。

      削除
    2. あと、念のために確認ですが。
      windows10 ISOをダウンロードして解凍すると、フォルダが1つできて、Windows10の内容はその中にあります。
      imageburnに書き込むときは、その中身を書き込む、つまりディレクトリを一つ上にあげないとなりませんが、これは大丈夫ですか?

      削除
    3. 色々やってて遅くなりました

      >ディレクトリを一つ上にあげないとなりません
      こちらも大丈夫でしたが、やはりダメです

      もしかすると、落としてきたVirtio Driversが間違ってるのでしょうか・・
      『Stable virtio-win iso』というのを選択しましたが、これでいいのでしょうか?

      削除
    4. なるほど~。

      下記も確認できますか?

      1.作成したWindows10 ISOをDVDなりUSBメモリに書き込んで、WindowsPCでブートできるか?問題が発生していないならば、ブートドライブから起動した Windows10は、自動的にsetup.exeを起動させるはずです。Windows10のインストールISOが正常に作成されていれば、さくらVPS上でもインストール開始画面が自動的に立ち上がるはずです。

      2.さくらVPSでWindows10のセットアップ画面は表示されるが、インストール先のドライブ選択のところで躓いている。

      どちらでしょうか?

      削除
    5. 何度もありがとうございますm(_ _)m

      状況としては1ですが、WindowsPCでブートできるか試してませんでした。
      確認してみます。

      削除
  3. 藤堂 正樹2016年7月4日 17:35

    おそらく見て頂けないかと思いますが、可能性を信じて投稿致しました。
    CPUもMEMもDiskも全て条件をクリアしているにも関わらず、
    インストールの途中で再起動するとWindowsのマークが出てその後は
    フリーズになってしまいます。
    MEMが4Gのプランでは条件を満たしていても不十分なのでしょうか。
    もし見たらぜひともお力を貸して頂けないでしょうか。
    どうかよろしくお願いします!!

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    2. 先月末でVPSの運用を終了したので、実機を使った質問には答えられません。
      わかる範囲で回答します。

      途中でフリーズするのは、ドライバ周りに問題があるような気がします。
      VirtIO辺りかなあ。。。。
      いったんVirtIOなしでインストールしてみるのもありかもしれません。
      ディスクアクセスはかなり遅くなりますが。

      私が運用していたのは、
      東京リージョン、Memory2G、3Core、HDD200Gの環境でした。
      SSDの契約だとどんな挙動をするのか不明です。

      また、OSはWindows10 Professional 64ビット版です。
      これ以外の環境のことはわかりません。

      削除
    3. 藤堂 正樹2016年7月5日 20:23

      私もさくらVPSでWindows10をインストールしようと頑張ってました。
      初めて昨日の夕方、ほっといてもフリーズせずインストールできちゃいました。
      想像なのですが、私が借りている仮想サーバが導入されている物理サーバが
      変わったのかもしれません。びっくりするほどあっという間でしたので。
      ネットワークの設定なのですが、イーサネット3でローカルネットワークの
      設定を行いたいのですが参考になるページがございますでしょうか。
      イーサネット1ではグローバルIPを設定でき、RDPでも接続ができたので
      あとはローカルだけを設定したいのですが。

      削除
    4. Windows10が動作したようで、良うございました。
      1台の筐体でEthernetを複数稼働させる運用経験を持っていないので、私が助言できる知識はないです。
      専門書を当たるか、ネットワークエンジニアに相談されるとよろしいかと思います。

      削除
  4. 試したけど、VNCコンソール(html5)を押したときからもう進まない。
    isoはvmwareで読み込んだところちゃんと起動したし・・・。
    さくら側の問題か?

    返信削除
    返信
    1. さくらインターネットが仕様を変えたのかどうかは知りませんが。

      「VNCコンソール(html5)を押したときからもう進まない。」はどの局面で発生したのでしょうか?

      削除
  5. お名前.comのkvm vpsに現在ubuntuを入れいるのですが、isoを作り再起動してもブートされずコンソール画面にどうしてもたどり着いてしまいます。。アドバイスあれば教えてください。

    返信削除
    返信
    1. お名前.comのVPSにubuntuをインストールされているそうですが、
      僕はお名前.comのVPSを触ったことがないので何もわかりません。

      お名前.comのサポートに問い合わせられたらよろしいかと思います。

      削除
  6. 初めまして。

    私は今、貴殿のサイトを参考に、さくらVPSのサーバーにWindows10を構築しようとしています。

    現在、imgburnを使って「Windows10」と「Virtio Drivers」を合体させたISOファイルを作成し、さくらVPSのサーバーへSFTPで転送し、その後、ISOファイルを使ってインストールしようと試みています。

    しかし、さくらVPSのサーバーで確認したところ、さくらVPSのサーバーへSFTP経由で転送できているはずの「私が作ったISOファイルを認識してくれていない」状況にあります。おそらく、ISOファイルの合体の仕方で何か間違えているだと思われるのですが、何が間違えているのか分からない状況です。さくらVPSのサポートに問い合わせても、Windowsはサポートしていないので答えられない、とのこと。

    質問なのですが、貴殿がimgburnを使って「Windows10」と「Virtio Drivers」を合体させたISOファイルを作成された際に、サイトで記した以外で重要なことはないでしょうか?

    ご教授いただければと思います。

    返信削除
    返信
    1. サイトで記載した以外のことは特にやっていないです。
      「私が作ったISOファイルを認識してくれていない」とのことですが、そのISOファイルをお手元のWindowsPCでブートできますか?

      削除
  7. 当サイトの情報を基に、さくらVPS(4Gプラン)へWindows10 Pro(64bit)(virtio有効)をインストールすることができました。
    html5コンソールよりWindowsへはログインできるのですが、インターネットへの接続が「識別されていないネットワーク」となり出来ません。
    ネットワーク診断を行うと、「デフォルトゲートウェイは使用できません」のエラーが表示されています。
    尚、コマンドプロンプトよりIPを確認した際に設定した以外のゲートウェイ「0.0.0.0」が存在したため、そちらは削除してあります。

    記事の日付より時間が経ってしまっており申し訳ありませんが、何か情報があれば教えてください。

    返信削除
    返信
    1. Ethernetドライバーがインストールされていますか?

      削除
    2. 返答ありがとうございます。
      ネットワークアダプターは「Red Hat Rthernet Adapter」がインストールされ、正常に稼働しています。

      削除
    3. windowsのTCP/IPv4のプロパティに、さくらVPSのコンソール画面に表示されるグローバルIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS IPアドレスを設定していますか?

      削除
    4. IP設定値はコンソールに表示されているものを入力しています。
      IPv4のほか、v6も試していますが状況は同じです。

      削除
    5. そうですか……
      確かネットワークカードは2枚か3枚存在しているように見えるはずですが、そのうちの1つにさくらVPSの情報を書き込んだら、僕の場合は動作しました。
      設定に間違いがないのならば……ドライバのバージョンを変えてみるとかありかもですね。

      削除
    6. virtioのドライバですあ、以下よりダウンロードしたものとなります。
      https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/archive-virtio/virtio-win-0.1.130-1/virtio-win-0.1.130.iso

      上記当サイトと同様のサイトより再DLし、再試行してみます。

      削除
    7. EtherネットドライバをWin10用のものからwin8用のものに変更することで無事インターネットに接続することが出来ました。
      ご助言の方、ありがとうございます。

      削除
    8. インターネット接続に接続できて良かったです。
      僕がVPS上でWindows10を運用していた時、そういえばWindows8.1のドライバしかありませんでした。最新ドライバが必ずしも動作するとは限らないのですね。

      宗汰さんのTry&Errが後進の方々に役立つことでしょう。
      FeedBackいただきまして、ありがとうございました。

      削除
  8. 申し訳ありません。
    内容に誤記がありました。
    正しくは「「Red Hat Ethernet Adapter」」となります。

    返信削除